事故車のような訳ありの車を売る場合は、果たして売れるのか

義男   2017-01-06   事故車のような訳ありの車を売る場合は、果たして売れるのか はコメントを受け付けていません。
先日、長年乗っていた愛車を売ることにしまし

事故車のような訳ありの車を売る場合は、果たして売れるのかどうか迷うこともあると思います。

次に買うのが新車だと分かっているのであれば新しい車を購入するとき、同時にディーラーに下取りしてもらうのが、円滑に事が運びやすいでしょう。

持ち込み先がかんたん車査定ガイド業者であった場合には普通買い取ってもらう時のように年式であったり、走行距離であったり、部品状況であったりで価格が決まってきます。現在も取り扱われている型で、部品もすべて純正品ならばおそらく高く売れるでしょう。

車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。

ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。

何を優先するかは本人次第ですが、処分しようという車の年式や車種などによって下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。そしたら、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。業者の方が高いなんて。

30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、さっそく新車の頭金にあてました。

さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。

インターネットを利用すれば、車の査定額の相場を調べられます。

大手中古かんたん車査定ガイド業者のサイトなどを見ることで、車の買取価格の大体の相場がでてきます。相場を調べておくことで、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、申し込みの前に確認をきちんとしてください。ですが、車の状態次第で変わるため、絶対に相場の通りの価格で売ることができるわけではありません。

古い車でも買い取ってくれるのかという質問は結構あります。

人気のある車種の限定車などであれば、手を加えていないとか状態の良さで買い取りしてもらえる可能性があります。しかし、複数の会社からの査定で値段がつかなかったような車は、かなり渋い価格でしか買い取って貰えないと思います。

もし買取価格に納得できないときは、個人売買という手もあります。

売主・買主の双方が満足できるかもしれませんので個人売買の手続きについて紹介しているブログもけっこうあるようですし、参考がてら回ってみてはいかがですか。

車の買い換えをすることになった時、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。

こうした中、注意しておきたいのは、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。

売買契約時に店と契約書を交わします。そこに記載されている買取査定規約を見てみると、事故歴については、わかっている場合にはそのことを申告する義務について記されています。

そのため、事故歴などを故意に隠していたことが分かった場合、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求が可能になっております。事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。車を売る場合には、高く売ることができる時期や、タイミングを逃さないように十分気を配っておくことが大切です。

例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃は車が高く売れるのです。

そのほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が売れやすいと考えられます。

こういったように、車を高く売却するには、時期を見定めるのも必要となるのです。別の車が欲しいと思っています。

今は外国製の車を所有していますが、一般的には聞きなれない名前の車種なので、どれくらいの金額で買取してもらえるのか懸念しています。

買取を行っている何社かの業者に実際に見て査定を行ってもらえるようにお願いして、折り合いの付きそうもない査定額だったら、別の方法(オークションなど)も選択肢に加えた方が納得のいく金額が付くかもしれません。

安心で安全な低燃費の車を求めているならトヨタのプリウスがおススメです。

プリウスは言わなくても知られているトヨタによる低燃費車なのです。ハイブリッド車の王様とも言えるような車です。

プリウスは外観の美しさも特徴の一つです。

人間工学と空気抵抗の流れを計ってデザインが施されていますので、いいものです。車売りたい、もしくは下取り依頼する時に、ガソリンの残量はどれだけあればよいのか気にする人もいるみたいです。

しかし、結論からいうと、ほとんど気にする必要はないのです。

車の査定、下取りで重大なのは、年式をはじめ、車種や走行距離、ボディカラーや車の状態です。

ということなので基本的に燃料の残量を気にする必要はないといえるのです。

車を売るときに気になることといえば動作不全でも買い取ってもらえるのかと言う感じの話です。

たくさん店舗を抱えている店ではないかも知れませんが、いまどき車の中の部品は注目されていてワールドワイドに輸出されているんです。

そのせいか、動かなくなった車でも買取が成立することがあります。