車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択が

義男   2018-09-25   車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択が はコメントを受け付けていません。
車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択が

車の査定は「どの買い取り業者を利用するか」の選択が大事な点であることは間違いありません。

と言うのも、中古車の査定額はどこでも同じにはならないので、多くの場合、かなり査定額の差が出てしまうことになります。

ですから、他の業者より、少しでも高い査定額をつけてくれる買い取り業者を探さなければなりない、ということです。「そうは言ってもどうすれば」という時、役に立つのが一括査定サイトです。

手間をかけることなく、いくつもの業者に同時に査定を依頼できます。

車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。

ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、処分しようという車の年式や車種などによって下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけてもらいました。

その結果、下取りのほうがかなり安いことに気づきました。買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。

現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、早々に新車を購入しました。

ローンは利息がつくので、頭金を入れて安く済んで良かったと思います。下取りを値引きだと思っていると損ですよね。いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は簡単に分けると2種類です。まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

簡単ですし足(車)がなくて不自由することはありませんが、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、低めの査定額になるのは否めません。そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、買値アップが期待できます。

どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

車を売却する際には、高値で売れる時期やタイミングを逃さないように十分気を付けることが大切です。

例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃は車を高く売ることが可能です。

また、冬季の前には、4WDなどのアウトドア車が売れやすいと考えられます。

こういったタイミングで、車を高く売るためには、時期を見定める必要もあるのです。

需要が高く、人気のあるクルマを売却する際には、買取でも高値を付けてもらえます。

具体的に言うと、ホンダのN-BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナといった車種は高い査定額が付きやすい、人気車種だと言えます。

とはいえ、購入した時は人気のあった車でも、売る段階で人気が落ちているなんてこともあります。

そういった時は対称的に高くは売れないことが多いです。業者に車を買い取ってほしいものの、なかなか時間がなく、お店まで行けないという方は、出張査定を利用すれば、業者が自宅まで来てくれます。

出張査定にも別途費用がかかるのではないかと心配する方もいるかと思いますが、大抵は無料なので安心してください。

出張査定を申し込む方法としては、WEB上での申し込みは24時間いつでも可能ですし、大手のお店なら通常はフリーダイヤルでも受け付けています。

車を売る際に、車検切れの場合はどうすれば良いのかためらうがあります。

車を少しでも高く売るには車検に出す方がいいのではないかと思うかもしれません。でも、それは違います。

もし車検に出したとしても、それに見合うほどの買取金額や査定額の上乗せは望めないのです。

車検切れで査定を受けた方が全体的にお得なのです。

車検期間を失念していて、車検切れになった車でも、買取業者に買取を依頼する分には問題ありません。

買取前に車検を通してみても、費用分を補うほど価格が上がることはほぼ皆無ですから、出張査定に来てもらってそのまま買取に出す方がいいです。廃車にしようと思っても、それにも手間や費用がかかるので、遅くならないうちに査定をお願いして、少しでも価値があるうちに買い取ってもらってください。買取で高値が付く車というと軽自動車を置いて他にありません。

「安さ優先で、日常の足となる車が欲しいというお客様に売れる」「お客さんに貸し出す代車としても使える」と中古車買取業者が言っているのを聞いたことがあります。

ここのところ、普通車に近いサイズの軽自動車も増えてきたので、ファミリー層に意外とウケているようです。

軽なら燃費も良いし、税金も普通車よりずっと安いこともあって、飛ぶように売れるので、それだけ買取査定でも有利になるのでしょう。もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、毎年1万キロ以上の走行がある、車色が好まれない、車体になんらかの傷や汚染が見られる、車の装備品が壊れている、喫煙をされていたというようなことがあります。

そして、修理をされたことがあるということも下取り額に差が出る原因となります。車体を修理されていると車体の下取り価格は非常に下がってしまいます。